2021年3月7日日曜日

「朝鮮半島を戦った日本人」藤原和樹 読了

 旧日本軍人が主体かと思っていたがまるで違う。実体としては民間人、駐留軍基地で働いていた人たちが、様々な理由で一緒に行くことを決めて行ってしまったと。正式な軍人・軍属ではなかったにせよ、軍のそれなりに上層階級の米軍人に了解を得て朝鮮半島に赴いた。現地では整備や炊事に就いてたが、結果的に銃を持って戦闘に参加することもあった。帰ってこられた人もいたが、現地で戦死した方もあった。遺骨も遺品も戻らず、今世紀にはいって発掘された遺骨は合葬されたと。

日本人が参戦したことは当時のアメリカにとっても日本にとっても都合の悪いことだったため、隠せる限り隠ぺいされたってのがかなしいなあ。それでも、機密指定解除によって少しずつでも明らかになってきたのはよしとすべきか。

2021年1月30日土曜日

親知らず抜歯

 親知らずは4本とも生えてるけど、右下だけが横向きになってると言うことで抜歯を勧められました。虫歯になりやすいよとな。歯周病やら他の虫歯の治療を先に済ませてから取りかかることに。

予約した時間に診察開始。まずは麻酔をかけて、効いてくる間に術式の説明。まず歯茎を切開して、出ているアタマを切除。それで出来た空間を利用して抜き取ると。よろしくお願いします。

切る時は麻酔が効いてるのでほぼ痛みなし。あーしかし、ごりごりやってるとちょっと痛いか。麻酔を追加してもらいます。2回くらい、途中でうがいさせてもらいますが、結構な出血ですな。まあ切ってるんだから当然か。で、残った根っこを引っこ抜く時は流石に痛い。ごりごり。

縫ってうがいしてガーゼを噛ませて完了。抜いた歯を見せてもらいましたが、真っ直ぐ上向いて生えてくれてればねえ。歯を抜いたのは初めてだなそう言えば。

翌週の抜糸(歯科では「ばついと」と呼ぶのですね)を予約してこの日の終了。1時間弱かかりました。帰宅後に一度ガーゼを交換しましたが、結構出血してて洗面台が真っ赤になるのね。

術後1時間半ほどで麻酔が切れて、おおうこれはしんどいぞ。もらった抗生物質とロキソニンは食後と言われたけど早めに投与。クスリの効き目は偉大だ。気分回復。

しかし傷口がしみるので飯食えないなあ。水飲んでも痛い。軽くうがいするのも悶絶。完全食を謳うサプリをのんでしのぎますか。

夜にうっかり舌で触ってしまって、血餅をはがしたかな。再出血。早めに就寝してしまいましょう。

翌朝は、軽くうがいをしても傷の痛みはなさそう。朝食は控えめに。大人しく過ごすことにしましょう。